100円ショップのイヤホンの音質がこの1年ぐらいで大幅進歩していて、以前の「鳴ってればいいでしょう」的なものとは相当違ってきている。必要に応じてというよりも好奇心を刺激されて、ついつい購入中。
daiso_earphone_silver_line(01)
まずはダイソーの「カナル型イヤホン[シルバーライン]」。220円330円と高価格路線に進んでいるかと思った所に出てきた110円商品(いずれも税込価格)。

lawson100_earphone_teion
そしてローソンストア100で出てきた「密閉カナル型ステレオイヤホン[低音重視タイプ]」。こちらも税込110円。

daiso_atq_hikaku

両者を音質面、使い勝手の面から比較してみたグラフ。ボーカルなどの中音域は、どちらのイヤホンもしっかり出ている。

低音はローソンストア100の「低音重視タイプ」が看板に偽りなしのボンボン迫力を持つ。ただし、ダイソー・シルバーラインもそれなりにしっかりと前に出てくる。

大きく差が出たのは高音の細やかさ。ローソンストア100製がしっかり鳴る。対してダイソーのはお風呂場のささやき声のような響く感じがある。。

どちらもLR表示付き。ケーブルはいずれもいかにも100円レベルでケーブル長も短めの約1.0m。

lawson100_earphone_teion(2)
写真はローソンストア100の低音重視タイプ。高音重視タイプもあったが、(まだ)試していない。