ベトナム語の文字は素のアルファベットにâ、á、ấ、ạなどなどの記号が付く。Linux Mintで入力できるようにした。日本語入力と併用することができた。

Fcitx Unikeyをインストールして起動する

端末から、
sudo apt install fcitx-unikey

として、ベトナム語入力エンジンをインストールする。一旦ログアウト、再ログインしておく。

setup_unikey
画面右下のキーボードアイコンを[右クリック]→[入力メソッド]→[Unikey]を選択、もしくは[Shift]+[Ctrl]でベトナム語入力モードに切り替わる。

ベトナム語を入力する


素のアルファベットに続き、くっつく記号もアルファベットで入力する。今回使っているのは、最もメジャーとされているTELEX方式。

アルファベット 入力方法
â aa
ă aw
đ dd
ê ee
ô oo
ơ ow
ư uw
声調記号 入力方法
á as
à af
ar
ã ax
aj

※「ấ」のように複数記号を入れたいときは、「aas」のように入力方法を組み合わせる。「ế」は「ees」。

未解決のことがら

  • Ubuntu(無印)に標準装備のiBusとUnikeyの組み合わせは試していない。
  • Windows10でもバージョン1903以降ベトナム語入力が装備されているらしい。
  • Unikeyでは入力方式として、TELEXのほかにVNI、VIQR、Microsoft Vietnamese、UserIm、Simple Telex、Simple Telex2を選択できる。
  • 日本語(変換なし)→日本語(Mozc)→ベトナム語(Unikey)の切り替えはGUIから。

Windows 10での入力設定はそのうちやると思う。 Telex以外での入力方式は、必要に迫られたらやるかもしれない。全角・半角キーで切り替えできないのは、慣れようと思う。

参考:

日本人のためのベトナム語入力環境構築方法

Telex Mode For Vietnamese Keyboard On Windows 10. - Microsoft Community