「不具合がないのなら、いじるな」

これはLinux Mint公式ブログが案内していること。興奮して闇雲にアップグレードしない、現状に満足で不具合がないならなおさら、そして新機能を確認する、を説いている。

確かに、こぼすべくしてこぼしたミルクを惜しむのは不毛。だが、ミルクをこぼさず移し替えるような楽しみもある。VirturalBoxの仮想環境でやってみた。

以下は「How to upgrade to Linux Mint 19 - Linux Mint Community」より。 実際にやった合間合間のスクリーンショットを添えて。

Linux Mint 19へのアップグレード手順

A. はじめに

このチュートリアルでは、Linux Mint 19へのアップグレード方法を説明します。

B. 総論

B1.アップグレードが必要かどうか
Linux Mint 17.x(17,17.1,17.2,そして17.3)は、2019年までサポートされます。

Linux Mint 18.x(18,18.1,18.2,そして18.3)は2021年までサポートされます。

使用しているLinux Mintのバージョンがまだサポートされていて、現在のシステムに満足していれば、アップグレードする必要はありません。
B2. 自分のコンピューターでLinux Mint 19を試したか
新しいLinux Mintには新しいカーネルが付いてきます。ハードウェアの処理方法が違うということです。たとえば、Linux Mintの下で現在動作しているグラフィックカードやワイヤレスアダプタが、アップグレード予定の新しいLinux Mintでは認識されないことがあります。今回のリリースへのアップグレードが判断間違いとなることもあります。特定のリリースをスキップした方がよいかどうか? 実際に試してみれば良いのです。

Linux Mintは、DVDやUSBメモリに焼けるISOイメージで提供されています。使用中のコンピュータで新しいリリースを試し、ハードウェアが認識されるかどうか、インストールやアップグレード前に確認できます。
B3.システムスナップショットを作成したか
linuxmint19_upgrade_timeshift
アップグレード中に何かが壊れたり、問題が発生した場合は、最新のシステムスナップショットを復元すれば、すべての変更を元に戻すことができます。何が起こっても、フォローしてくれます。
B4.バックアップを取ったか
あたたの個人データは、あなたのコンピュータで最も価値あるものです。何か問題が発生してOSが壊れても問題はありません。システムスナップショットで再インストールまたは復元できます。データを消失したりやアクセスできないことは別の話です。

安全のために、外部デバイス(USBメモリまたはDVD)へデータをフルバックアップしてください。

C. 必要条件

Linux Mint 19にアップグレードするには、以下の必要条件を満たす必要があります。
C1. APTとコマンドラインの経験
新しいパッケージベースへのアップグレードは簡単ではありません。初心者のユーザはやらないべきです。

コマンドを入力やその出力の読み取り方がわかる必要があります。

APTの経験値も必要です。 アップグレード中は、APTコマンドの出力内容を理解する必要があります。パッケージを削除される必要があるかどうか、アップグレードがブロックされたらどうするか、別のパッケージと競合するかどうか、などなどをを理解する必要があります。
C2. Linux Mint 18.3 Cinnamon、MATEまたはXfceエディション
アップグレードツールは、Linux Mint 18.3 Cinnamon、MATEそしてXfceエディションをアップグレードします。

Linux Mint 18,18.1または18.2を使用している場合は、まずUpdate ManagerでLinux Mint 18.3にアップグレードする必要があります。
C2.(ママ) タイムシフトスナップショット
タイムシフトをインストールするには、端末で次のように入力します。

apt install timeshift

次に、 "メニュー - >システムツール - >Timeshift"を起動します。

ウィザードに従って、スナップショットの保存先を選択します。

ツールバーの"Create"をクリックして、オペレーティングシステムの手動スナップショットを作成します。

どこかおかしい時は、Linux Mintから、またはMintのライブセッション(ライブDVDまたはライブUSB)からTimeshiftを起動、この現在の状態に操作を復元することができます。
C2.(ママ) LightDM
現在使用しているディスプレイマネージャを調べるには、端末を開いて次のように入力します。

cat /etc/X11/default-display-manager

結果が "/usr/sbin/lightdm"なら、この手順をスキップできます。

結果が "/usr/sbin/mdm"なら、lightdmをインストールしてmdmを削除、ディスプレイマネージャを切り替える必要があります。端末を開き、次のように入力します。

apt install lightdm lightdm-settings slick-greeter

ディスプレイマネージャをMDMとLightDMのどちらにするか聞かれたら、LightDMを選択します。

端末を開き、次のように入力します。

apt remove --purge mdm mint-mdm-themes *
sudo dpkg-reconfigure lightdm
sudo reboot


D. アップグレードするには

D1. Linux Mint 18.3をアップデートする
Update Managerを使用して、「更新」をクリックしてAPTキャッシュを更新し、すべての更新を適用します。
D2. 端末を無制限スクロール設定にする
linuxmint19_upgrade_terminal_setting
端末を開きます。

"編集"  - > "プロファイルの設定"  - > "スクロール"をクリックします。

「無制限にする」オプションを選択し、「OK」をクリックします。
D3. アップグレードツールをインストールする
アップグレードツールをインストールするには、端末を開いて次のように入力します。

apt install mintupgrade

D4. アップグレードを確認する
linuxmint19_upgrade_01
アップグレードをシミュレートするには、端末を開いて次のように入力します。

mintupgrade check

画面の指示に従います。

このコマンドは一時的にシステムをLinux Mint 19リポジトリにポイントし、アップグレードの影響をシミュレートします。

このコマンドはシステムには影響しません。シミュレーションが終了すると、元ののリポジトリに戻ります。

アップグレードできるかどうかが表示されます。アップグレードが可能であれば、どのパッケージがアップグレードされ、インストールされ、削除され、そして維持されるのか表示されます。

このコマンド出力に細心の注意を払うことがとても重要です。

アップグレードを妨げているパッケージが表示されている場合は、削除してください(アップグレード後に再インストールしてみてください)。

また、削除されるパッケージのリスト中重要なパッケージをメモしておくと、アップグレード後に再インストールすることができます。

出力に問題なくなるまで、"mintupgrade check"を継続し次のステップに進まないでください。
D5. アップグレードパッケージをダウンロードする
linuxmint19_upgrade_02
Linux Mint 19にアップグレードするために必要なパッケージをダウンロードするには、次のコマンドを入力します。

mintupgrade download

このコマンドはアップグレードそのものを行うのではなく、パッケージをダウンロードするだけです。

また、このコマンドはシステムをLinux Mint 19リポジトリにポイントします。(このコマンドを使用した後Linux Mint 18.3に戻りたいときは、"mintupgrade restore-sources"コマンドで、まだ、できます)。

すべてのパッケージが正常にダウンロードされるまで、「mintupgrade download」コマンドを継続します。
D6. アップグレードを適用する
注:このステップは元に戻せません。実行後元に戻す唯一の方法は、システムスナップショットの復元です。この最後の手順を実行する前にスナップショットを作成したことを確認してください。

linuxmint19_upgrade_03
アップグレードを適用するには、次のコマンドを入力します。

mintupgrade upgrade

E. 回避策(ワーキングアラウンド)

E1. /dev/mapper/cryptswap1で起動がフリーズ
再起動時にコンピュータの起動や起動シーケンスに失敗しているようなら、左または右の矢印を入力して起動ロゴから起動詳細に切り替えます。

/dev/mapper/cryptswap1ジョブでフリーズしている場合は、次のようにします。
  • Shiftキーを押しながらコンピュータを起動し、Grubメニューが強制的に表示します
  • 最新のカーネルから、「Advanced Options」を選択してください
  • を選択します。
  • リカバリメニューで「fsck」を選択し、「はい」を選択します。
  • fsckが完了したら、Enterキーを押してメニューに戻ります。
  • リカバリメニューから "root"を選択し、 "Enter"を押してルートコンソールを起動します。
  • fstabファイルを編集するために "nano/etc/fstab"と入力してください。
  • "/dev/mapper/cryptswap1"の行を探し、 "/ dev/mapper/cryptswap1"の前に # 記号を付けてください。
  • "Ctrl + O"を押してから "Enter"を押してファイルを保存します
  • ナノエディタを終了するには "Ctrl + X"を押してください
「reboot」と入力してコンピュータを再起動します
起動に成功すると、暗号化されたスワップが適切にアクティブになる可能性があります。/etc/fstabを再度編集し、cyptswapの行を再アクティブ化できます(その行の前にある # 記号を削除します)。

F. 別のやり方

Linux Mint 19にアップグレードできない場合は、新規インストールしてください。

「fresh upgrades」(新規インストール)に関する一般的なイントロダクションは https://community.linuxmint.com/tutorial/view/2 にもあります。

G. ノート

アップグレード前にデフォルトのLinux Mintミラーを使用、最新バージョンのmintupgradeを使っているか確認することをお勧めします。 mintupgradeのバージョンは "apt version mintupgrade"で確認できます。mintupgradeの最新バージョンの内容は https://github.com/linuxmint/mintupgrade/commits/master で確認できます。 http://packages.linuxmint.com/pool/main/m/mintupgrade/からダウンロードもできます。
アップグレードは、/etc/内のファイルをデフォルトの設定ファイルで上書きします。アップグレード前に行ったタイムシフトのスナップショットで、ファイルを個別にリストアすることができます。

(公式コミュニティより ここまで)

感想文

1時間半ぐらいかかった。 新規インストール(クリーンインストール)自体は1時間かからない。個人データのバックアップ→アップグレード と 個人データのバックアップ→個人データの新規インストール→リストア のどっちが早いか悩ましい。(今回はお遊び用仮想環境なので個人データのバックアップはやっていない。 )

新規インストールなら必要事項を入力し終えたら、再起動指示までノンストップ。対してアップグレードでは mintupgrade update だけで2,3回(よく覚えてない)y or n を入力させる必要もある。

いずれにしても、個人データの保全が最優先。 内蔵ストレージ依存を考え直すなり、日常的にバックアップを取っておくなり。 新バージョン!新バージョン!とはしゃいでバックアップ取らないで手順とばして起動しない!起動しない!!というのが最悪のパターンだろう。「不具合がないなら、いじるな」は、そういうことも戒めているのかもしれない。


参考:
How to upgrade to Linux Mint 19 – The Linux Mint Blog
How to upgrade to Linux Mint 19 - Linux Mint Community