りんご便り

fedra25_01
例えばChromeをダウンロードしようとすると、 「.deb (Debian / Ubuntu 版) 、

もう中古屋での取扱も怪しいような、ジャンク以下のパソコンも使えるかもしれないLinuxディストリビューションを紹介。 

一昔前のXP対応パソコンでLubuntuを動かそうとしたら、「PAEがないからダメですよ」と返されてしまったことがある。 小心者が躊躇した"forcepae"という呪文なしで動いたLinux2つ、実際は試していないがPAE非対応でも動くらしいLinuxも。すべて32ビット対応。

linuxBean14.04

garbage_linuxbean14
ずばり「古いPC再生の切り札を目指し」開発されたUbuntu派生。 軽量だがXPライクな操作性のLXDEデスクトップ。

チェックを入れれば追加ソフトをインストールしてくれる「linuxBean設定ウィザード」が用意されている。初心者のLinuxへの壁を可能な限り低くしようという作者の意図が嬉しい。 日本語入力は同然の如く設定なしでできる。(メモリ節約のためUim-Anty。設定ウィザードで簡単にFcitx-Mozcを入れることもできる。)

ベースとなるUbuntuは、現在積極的に公開されている最古のバージョンであるUbuntu 14.04LTS。 (作者が熊本地震で被災。抜け殻状態になってしまっている模様。)

今から入れると2年弱のUbuntuサポート期間しかないが、それでも「こんなガーベージPCでも使える」感動を味わうことができる。

linuxBean (リナックスビーン) プロジェクト日本語トップページ - OSDN


Kona Linux 4.0 black

garbage_kona4black
作者自身は「軽量化ディストリビューション」とカテゴライズされることを嫌っているようだが、軽量化ディストリビューションとしても秀逸なのがKona Linux。数十におよぶエディションのなかで最新・最軽量なのが「Kona Linux 4.0 black」。 (blackjackというのは音質強化エディション。)
LXDE採用ながら、簡素さを感じさせない画面づくりにセンスが光る。 日本語入力環境としてFcitx-Mozcが予め入っており、日本語を入力するための手間はない。

Kona Linux 4.0は2017年6月12日現在、最新だがテスト版のDebian 9派生。安定化バージョンのDebian 8派生のKona Linux 3.0 blackも公開されている。

konalinux - Google ドライブ 

ダウンロードサイトは「liveCDの部屋」のサーバに間借りしている格好。サーバ負荷とダウンロード速度を鑑み、理化学研究所のミラーサイト使用が推奨されている。

LMDE Mate 32bit

garbage_lmde2
Linux MintのDebianベース版。Mateデスクトップであり、どう転んでもLXDEより重くなるので、実機では試していない。

日本語入力をするために、別途設定が必要となった。そして日本語表示が「アジア人が使うKanjiってこんなふうだよね」という佇まいであり、本格的に使うにはここにも手を入れる必要があるだろう。

ホームページ | Linux Mint Japan

参考:
軽量Linuxを試す/Linux Mintのインストール | 仙台メディアデザイン
軽量Linuxを試す/Linux Mintの日本語入力 | 仙台メディアデザイン

Kona Linux 4.0 blackはDebianのインストーラの仕様上、パーティションの設定を手動でやらなければいけない。 選択肢により自動でパーティション設定をやってくれるlinuxBeanのほうがとっつきやすかった。 linuxBeanで動いた→さらにそのガーベージPCを使い倒したいとなれば、Kona Linux blackに移る、というのがベターな選択かもしれない。

キーボードの手前に置き、腕への負担を軽減するグッズというのがある。 速攻注文するレベルのものではないが、アマゾンでベストセラー1位になっており、気にはなっていた。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00OAZ7U8G/


ロケットニュースを見ていたら、100円ショップのセリアのグッズを改造して作ったという記事があった。

【豆知識】セリアの子ども用玩具「プールスティック」をカットすると “パソコン用のアームレスト” に早変わりッ!! | ロケットニュース24

この記事では子供用プールクッションと靴下を組み合わせている。

あいにくセリアは近所にないので、ダイソーをあたってみたら、こういうものを見つける。

listrest_01
ラッピング用「コーンクッション」。

これを靴下に詰めれば行けそう。 もうちょっと、イキな素材はないかと店内をうろつく。

listrest_02
「サポートタイプパンティストッキング L~LL」。 腕との接触面が蒸れそうな時期でもあるし、これはいいのではないか。

ストッキングを足の付け根部分で切り取り、コーンクッションを詰め込んで結ぶ。

listrest_03
こんな感じに、簡単に仕上がる。 まずまずのクッション効果。 そして予想外だったのが、ストッキングなので自在に伸び縮みする。 右手をマウスへ持って行くとそのままクッションもついてきてくれる。

結び目の位置を変えることにより、太さと長さをお好みのものに調節することができる。  制作費216円。
 


このページのトップヘ